上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Super NOOB!



AVA




CSO
無題
スポンサーサイト
2037.02.02 / Top↑
AVA

先ほど、Alliance of Valiant Arms G-Tune Survival Tournament 2013
第一回戦AHブロックが終了しました。
予定では16名でしたが、集まった8名のみでの試合となりました。

AVAGST2013.jpg
結果は予選敗退...
惜しくもトップのよねたい様に2KILL及ばず涙をのむ結果となりました。

しかし今回の大会で気付けたものは大きかったです。

まず試合開始1時間前頃から大会MAPで練習をしていました。
つい昨日までは、Paraを使って参加する予定でしたが、練習している時にどうもparaではうまくKILLできず
急遽ポイントマンのMP7A1 Bahamutをメインとして、ライフルマンのAMDと使い分けることにしました。

試合中順調にポイントマンでKILLは重ねましたが、ワンテンポよねたい様に追いつけず気持ち的に追い込まれていたのかもしれません。

練習中は気付かなかったポイントマンで勝負してはいけない場所がいくつか
点在していたことに試合後気付きました。
これは、自分が練習で使う兵科、武器をコロコロ変えていたのが原因で、
本来なら戦えない距離での戦闘を避けるのが定石であるのに、AVAというゲームが
今までプレイしてきたCSOと同じFPSであることを忘れまったくの別ゲーとして
とりあえずAIMすれば勝てるという認識を持っていたことが、この射程を考えないプレイングを助長させたと考えます。

さらによねたい様を練習部屋で見かけた時に、
AMDを使用していて試合中もずっとAMDを使用していました。
この一貫性が今回予選突破した方に共通しているのではないか?と私は思いました。
どのゲームもその日の気分で装備を変更していては、その装備の本質に気付けず、
違った使い方をしてみようという考えも出てきません。
今回私は、当日になりさらっと装備を変更しました。


試合に負けたのは事実ながら、他にも負けたものがある気がします。
2013.05.18 / Top↑
AVA

5/18日よりAVAで
Alliance of Valiant Arms G-Tune Survival Tournament 2013(略称:GST)
というオンライン大会が開催されます。
公式URL

チームに所属していない自分にはもってこいの殲滅個人戦!
登録受付初日にサクッと登録して自分も忘れかけていましたが、トーナメント表が発表されたようです。
トーナメント表
目を凝らして上から自分の名前を探してみた結果
AVA GST トーナメント
ありました!!
AHブロックにきちんと名前が刻まれていました!

この大会の一回戦は16人の殲滅戦で先に30ポイントを選手した1名のプレイヤーが
次の準決勝に進めるルールとなっており、トーナメントを勝ち上がるためにはまず
第一回戦の16人のブロックの中で首位を取る必要があります。
武器制限が無いのでAVAに溢れる個性的な武器が全て使用されるため
今までの制限ありの大会では使えなかった突出して性能の良かった武器等が多く使われるでしょう。

今までだらだらとマッチをして遊んできたので正直AIM能力が長けているわけでもありません。
AIM部屋に時々入ってみるのですが、DeathのほうがScoreを上回る醜態ばかり。
まず1勝と意気込みたいですが、15キルもできれば優秀かなと思います。

ずっとParaを使っているので今回もそうしようかと思っていますが、
MAPの都合上そうも言ってられないようです。
爆破とは違い高低差がひどく、上下のAIMと位置取りが重要になってくるので
大会までに少し使用されるMAPを見学しておこうかと思います。

せめてブロック内で最下位にならないよう頑張りたいです。
2013.05.14 / Top↑
AVA
AVA

最近めっきりAVAに入り浸ってます。

新兵応援キャンペーンということで曹長1まで階級を上げるとM4A1をもらえるというので新しくアカウントを作り参戦

結果は伍長4で萎えました。

それでも伍長5で念願のParaを購入


とりあえずサブでParaのカスタムいじってそれをメインにも反映させてく感じにしようと思ってたので

一番カスタムパーツが少なかったロングレンジと人体工学から自分に合わせていこうと試しに何度か

野良で使ってみた結果

俺もうこのカスタムでいいですわ

ということでParaのカスタムは
ロングレンジバレル+人体工学グリップで安定しました。

いままでF2000やらGrozaやらAMD使ってたから

バリバリ音なってバリバリ反動くるのが新鮮でたまらんです

AMD買う前にメインでPara買っときゃよかったと少し後悔


そして新たなBOXで
FG・FR・T-91どれかが出るBOX出てたので

前々からFRに執拗な愛情を持っていた俺はすかさず開けてみた

正直FGでも強いし、T-91不思議そうで面白いしでどれでても良かったんだけど

先週のコレクターズBOXを我慢した俺にFRが降ってきた

FR-F2 Korean Edition

まあ武器名にそこまで突っ込む気もしないからスルーしたけど

FRは普通に強いんだね


一気に二つもメインウェポンが手に入ってなんだかドハマリしそう
2013.02.28 / Top↑
Bton ドア抜き

ラウンド開始直後CTがTRのBラッシュ警戒でBDDからBトンネルを抜くポジションを
AWPでアラスカから抜き返すポジション

アラスカ Bton ドア抜き 抜き




↑の動画でプレイヤーが抜いている位置をアラスカから抜きます





まず場所取りをします
場所取り確認

赤い枠の壁が見えなくなるようにして
場所取り確認 枠取り

このエッジに張り付きます※この場所取りは案外適当でも大丈夫です
場所取り 


そしてスコープを展開してください
AIMする場所 AIM外し 縦

縦軸を合わせます
壁の赤いラインのところに縦の模様があるのでそこにスコープの縦のラインを合わせます
AIMする場所 縦 印
↓みたいに合わせられたら次に横軸を合わせます
AIMする場所 横 AIM外し

壁の2本の青いラインのところには横の模様があります
AIMする場所 横 

その2本の模様の中央(黄色ライン)が合わせる横軸です
AIMする場所 横 縦

↓みたいに縦軸、横軸を合わせます
AIM合わせ 印

ライン修正無し
AIM.jpg

タイミングは場所取りをしてAIM合わせて撃ったくらいで丁度いいです
相手が大雑把なポジションから抜いてきている場合頭に当たらないこともあります
体のどこかには当たっているので3発くらい抜けばいいでしょう


相手が毎RこのポジションからBトンを抜いてきている場合には是非使ってみてください
殺られたCTのデスカメラはなぜかセンターを向きます


2013.01.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。